ヘッダー画像

女子会のガールズトークで語られる恐怖の内容とは

一回きりになってしまった理由
女性が虜になるいかせられるセックステクニックができれば、出会って間もない相手や体の関係を一度しただけの関係の相手も虜となります。
定期的に潮吹きを経験したりプレイをするセフレ関係に簡単に発展させることができると考えたことはありませんか?。 実はこの男性の語る考えは間違えていないのです。 初体験でなくても一般の女性が定期的に何度もしたい、して欲しいと考える相手は、童貞ではない性行為が本当に上手いもしくは体の相性が自分と良い、女性が本音で言ってGスポットだけではないセックステクニックのある相手です。

セックステクニックは千差満別で100%はあり得ません

本音で話し合える関係が一番ベストです
女性は男性とは異なりキスをしたの時に受けた刺激を忘れません。
そのためお泊りをした時に男性から受けた「気持ち良い」と感じる潮吹きなどの快楽を忘れることができず「またあの人とお泊りがしたい」「あの人の前戯テクニックが最高で忘れることができない」とこの内容のことで常に頭の中がいっぱいになってしまい、結果的に相手を女性自ら進んで誘いだしてしまうといいます。 特に若い世代は、セックステクニックが忘れることができず年齢や見た目の容姿は問わず「また会いたい」「あの人と何度もしたい」そう思い語る、自ら欲しいと進んで積極的に連絡をとることが多いといいます。 このように出会った相手がやみつきになる、恋人が本当にいかせる方法と虜になる初体験も使える加藤鷹も驚きのGスポットへのセックステクニックを今回は彼女の気持ちがわかる女性の私が童貞さんへ語りたいと思います。

お互いに相手にことをしっかりと考えて前偽をする

自分だけが気持ちよくなろうとしてはいけません
女性が好むセックステクニックの中で一番重要な欲しいポイントが男性による前戯の技術です。 一般的には挿入している時よりも前戯の時間を大切にするといわれています。
また前戯のさらに前のイチャイチャする時間を大切にするケースも多くあります。 こういった技術も大切ですがその前のイチャイチャと楽しむ時間にもテクニックを磨く必要が童貞もあるのです。 まずスキルを磨く際に大切なポイントがあります。 「しっかりと丁寧に壊れ物を扱うかのような手つきで接する」ことです。 普通は女性の体は非常に敏感であるためアダルトビデオのような乱暴な手つきで、急に体に触れてしまうと体に痛みが走ります。 相手が本当は痛みを感じている場合でも演技をして無理に行為を盛り上げようとしている可能性があります。 また男性を萎えさせるわけにはいかないと思っている方が多いためです。 痛みを感じても「痛い」と正直に言葉に出さずに我慢しているパターンが多いのです。 そのため胸を前戯などで触れている際でも本当の本心では初体験でなくても「痛い」と思っていても無理に喘ぎ本音ではなく、Gスポットで潮吹きをしていくための演技をしている可能性があります。 そこで前戯をしている際に痛みを隠しているかどうかを見抜く加藤鷹になれるセックステクニックを紹介します。

今までの経験や内容によっては拒否されることも

ゆっくりと時間をかけて行いましょう
それは女性の体の反応です。 基本的に体が反応しやすい体質であるため、痛みを感じたら足の指が動くといわれています。 そのため男性が前戯や愛撫をしている際に本当に感じているのかを確かめるためにつま先の足の指を見てみましょう。
また喘ぎ声の変化や表情、体の反応なども見てみましょう。 そしてどうしてもわからない場合は「痛くない?気持ち良い?」とGスポットをがむしゃらに攻めるのではなく聞いてみることも良いでしょう。 初体験からこの丁寧な質問事項は女性にとって安心感を抱き、不安を解消させることにも繋がるために欲しい、潮吹きでいかせるためのセックステクニックとは少し異なりますが定期的な関係や長期的に関係を続けるためには大切な言葉となるのです。 行為の際に男性からかけられる優しい言葉や攻めの言葉は、女性の中では非常に印象に残るものです。 そのため忘れることができないセックステクニックを成功させるためにもプレイの時に数多くの言葉を囁くようにしましょう。 そして童貞が学ぶべき前戯の際のセックステクニックのポイントとして憧れの加藤鷹のように相手を気持ちよくしようとすることを本音を語り積極的にいろいろと試してみることです。

セクシー女優の演技に騙されてはいけない

一般人に演出を持ち込むと嫌われます
胸を愛撫する際、女性が胸の愛撫に喜びを本当に感じていることがわかったら胸を長時間、男性にGスポットを手マンをされることに喜びを感じていたら手マンを長時間するようにしましょう。 また手マンをする際のセックステクニックとして最初はショーツの上から時間をかけて優しく撫で上げるようにショーツ越しに愛液が出ていることがわかる程に愛撫をするようにしましょう。
そして愛液がショーツ越しに伝わってきたら、そっと局部をなぞりながら中に指を挿入していきましょう。 この時の童貞のペッティングのポイントとしてゆっくりと最初は時間をかけて出し入れをし、その後に高速で最後にかき混ぜながら女性が気持ち良さそうにする場所を探り少し眺めに触っていきましょう。 こうすることで確実にセックステクニックに惚れ惚れし、自分に対して時間をかけて初体験と思われるような前戯をしてくれる男性に好意を抱きます。 また長時間感じる部位を触ることでイキやすくなり、何度も欲しい快楽を与えることができることに違いないでしょう。 刺激や快楽を相手に与えることは加藤鷹の様な潮吹きのセックステクニックの中では一番重要な本音のいかせるためのポイントとなります。

一生懸命愛してあげることが大切です

気持ちを込めて言葉にしてあげましょう
女性の中では自分のことを何度もイかせることができたという事実は印象に残りやすく、男性の童貞も何度もいかせられて、もう一度プレイしたい存在になると言われています。 そのような印象を与えることで確実に行為をした相手のことを「今までの経験した人とは違う特別な存在だ」と認識し、あなたの匠の技の虜に欲しいとなることに違いないでしょう。 そして挿入をする際のセックステクニックのポイントとしては、挿入をする際に「挿れるね」と優しく言葉をつぶやいてみましょう。 このように言葉をかけてあげることは恋人がドキドキとプレイをする際の心構えもでき、さらにはいかせるためにはテンションもあげるといわれています。 以上のようなことをすることで確実にペッティングに磨きがかかり相手は、あなたの愛撫の虜になることに違いないでしょう。 初対面の方とのプレイで失敗をしないためにも、何度も積極的に体を求めてくる積極的なモードにさせるためにも本当のGスポットへのスペシャリストとなりきちんと把握し、ホテルでのリードや出会いの直後のリードなどもきちんとこなしてセックスを成功させましょう。
この加藤鷹さんのような匠の技は、初体験には難しいですがセフレを作る際にも最初にお話した通り非常に役立ちます。 本音を語ればセフレを作るためにこのセックステクニックをマスターし実践することで自然と一度体の関係をした関係の女性の方から「セフレになろう」といわれることに違いないでしょう。 男優クラスのマスターとなり、ペッティングをいつでも巧みに使いこなすことができる男性になるためにも頑張ってみましょう。
最新のオナホの買い方
人気のオナホールを体験した動画と感想へ